高周波ナイフ     

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)における
さまざまなシチュエーションに対応可能な
マルチファンクショナルデバイス

マルチファンクション

革新されたデザインによるクリアなマーキングやプレカット、粘膜切開・剥離、止血に至るまで、ESDで求められる手技をこの1本で行うことができます。

スムーズな手技を提案する独自の先端形状

ナイフ部に採用したディスクチップ(突起部)により、切開・剥離時にしっかりとトラクションがかけられます。また、ディスクチップを収納すると、周囲に配されたメタルプレートにより通電面積が広くなるため、止血処置を有効に行うことが可能です。

クリックすると拡大します

主な仕様

モデル名DN-D2718BDN-D2722B
有効長 1800mm 2200mm
適応チャンネル径 φ2.8mm以上
挿入部最大径 φ2.7mm
ナイフ電極長 2.0mm
数量 1本/箱
ハンドル 一体型
希望価格 30,000円

*「Splash M-Knife」は「PENNTAX Medical 高周波ナイフ DN-D シリーズ」の愛称です。
販売名「PENTAX Medical 高周波ナイフ DN-D シリーズ」
医療機器認証番号: 227AGBZX00010000

クリアな視野を提供する送水機能

ナイフ先端からの送水により、視野の確保や出血点の確認が可能です。また、ナイフ先端に付着する組織などを適宜洗浄することにより、ナイフ切開能の低下を抑えます。

クリックすると拡大します

安全性を考慮した先端構造と
優れた操作性により効率の良い剥離操作を
実現したブレード系デバイス

主な仕様

モデル名DC-D2618
有効長 1800mm
適応チャンネル径 φ2.8mm以上
挿入部最大径 φ2.6mm
ナイフ幅 2.1mm
先端部回転 先端部(ナイフ電極含む)回転可能
数量 1本/箱
ハンドル 一体型
希望価格 30,000円

*「Swanblade」は「ペンタックス 高周波ナイフ DC-D2618」の愛称です。
販売名「ペンタックス 高周波ナイフ DC-D2618」
医療機器認証番号: 221ADBZX00025000

安全性を考慮した先端構造

デバイス先端の下側を筋層側に向けることにより、筋層との距離を一定に保ちながら剥離操作を進めることが可能です。

クリックすると拡大します

縦横自在な操作性

U字型のブレードにより、前方と左右への剥離操作が可能になりました。また、回転機能により、剥離面への的確なアプローチが可能です。

クリックすると拡大します

胃の症例に最適なロングブレード
食道・大腸症例に最適なショートブレード
症例・部位に応じて使い分けられる
2種類のブレード長を用意

主な仕様

モデル名DP-D2518DP-D2622
有効長 1800mm 2200mm
適応チャンネル径 φ2.8mm以上
挿入部最大径 φ2.5mm φ2.6mm
ナイフ電極長 5.0mm 2.5mm
先端部回転 先端部(ナイフ電極含む)回転可能
数量 1本/箱
ハンドル 一体型
希望価格 30,000円

*「Mucosectom」は「ペンタックス 高周波ナイフ DP-D2518」、「ペンタックス 高周波ナイフ DP-D2622」の愛称です。
販売名「ペンタックス 高周波ナイフ DP-D2518」
医療機器認証番号: 221ADBZX00024000
販売名「ペンタックス 高周波ナイフ DP-D2622」
医療機器認証番号: 221AGBZX00266000

穿孔リスクを軽減する絶縁構造

先端およびブレードの周囲が絶縁構造になっているため、穿孔リスクの少ない剥離を実現します。

術時間の短縮に寄与する剥離・止血能

ブレードの向きを適切に合わせ、筋層の上を滑らせるように剥離していくと、効率の良い剥離が可能です。粘膜との接地面積が広いため、先端系デバイスに比べ止血能が高いのも特徴です。

クリックすると拡大します