ビデオ十二指腸スコープ

PENTAX Medical ビデオ十二指腸スコープ
ED34-i10T2

シングルユースの
鉗子起上台付先端キャップ(DEC™)により
感染リスクを最小限に抑えた十二指腸スコープ

*DECとは「Disposable Elevator Cup」の略です。

鉗子起上台付先端キャップ(DEC™)

シングルユースの鉗子起上台付先端キャップを採用しました。ブラッシングがしやすくなった構造は、先端部の洗浄工程を削減するだけでなく、不十分な洗浄による感染リスクを低減します。

メガピクセルCCDによる高精細画像を実現

チャンネル径4.2㎜ながら、メガピクセルCCDの採用により高精細画像を実現しました。治療手技を高精細画像下で行うことが可能です。

主な仕様


クリックすると拡大します

視野角 100°(側視、後方斜視10°)
観察深度 4~60mm
湾曲角 Up:120°・Down:90°
Right:105°・Left:90°
先端硬性部径 φ13.6mm(先端キャップ装着時)
軟性部径 φ11.6mm
チャンネル最小径 φ4.2mm
有効長 1250mm
全長 1566mm

販売名「PENTAX Medical ビデオ十二指腸スコープ ED34-i10T2」
医療機器認証番号 : 229AGBZX00123000